TAKABEYA BASEBALL TEAM
 
2018
11月 7
(水)
19:01
鈴川杯 2回戦 vs 緑台少年野球教室(伊勢原市)
本文
2018年11月4日  2試合目
会場:伊勢原緑台小学校
鈴川杯 2回戦
Team 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 R H E
高部屋少年野球部A 0 0 1 0 0 0         1    
緑台少年野球教室 0 0 1 0 1 ×         2    
 戦評

【バッテリー】 ケンシンーハル
 

続く2回戦は、初戦の秦野スカイホークス戦を2-2の

同点で終え、抽選で勝ち進んだ、伊勢原市の今年のト

ップチ―ム、緑台少年野球教室との対戦。

 

先制したのは、高部屋。3回表、1番カツヤ、2番ユウ

セイが四球で出塁すると、続くサクラコがレフト前ヒット

で繋ぎワンアウト満塁。続くユナのライト前で1得点。

 

この試合の先発はケンシン。

県大会3位の強力打線を相手に、持ち味を存分に発

揮する。コーナーをつき、低めを中心に打たせて取る

ピッチング。5回表まで1-1の僅差でゲームが進む。

 

次に1点を入れた方が勝ちとなる終盤の5回裏。

緑台の攻撃。ツーアウト1塁3塁。1塁ランナーが走る

ケースで1塁けん制。1塁ランナー挟まれるが、その

間に3塁ランナーが生還。これが決勝点となり、1-2

で敗戦。

 

2アウトでランナー1塁・3塁。1塁けん制は、今回はしな

い方がよかったかもしれない。バッター勝負で、1点勝負。
1塁ランナーも器用な選手で、3塁ランナーも足のある選手。
このプレイは難しいところがあるので、これからの練習題材。

 

負けた時は、~たら~ればが頭の中を巡る。

サクラコのレフトライナーが抜けていたら。カツヤのセカン

ドライナーが抜けてたら。打順間違えがなければ・・・。

1点差だけに悔しい敗戦。それでも、緑台の剛腕投手を前に、

善戦したと思う。相手はミスから2得点。こちらは、打って1得

点。内容も前回の対戦からすれば、別格。成長を感じた今回

の試合だった。勝てる試合でもあった。

 

ケンシンは、ナイスピッチングだったと思うし、守備も良く

守ったと思う。四球を選ぶ選球眼もあったし、快速球を前に、
バッターもしっかりととらえていた。

 

さて、ここに来てようやく、土俵に上がれた感じがする。

これから大会は残り少ないが、有終の美を飾れるように、

修正箇所はしっかり修正し、練習もたくさんして、最高の
準備をして、ここから先、がんばって行こう!!

閲覧(66)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。