TAKABEYA BASEBALL TEAM
 
2019
6月 4
(火)
17:23
夏季大会1回戦
本文
2019年6月2日 1試合目 会場:スポーツ広場A
夏季大会 1回戦
Team 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 R H E
竹園シャークス 0 3 0 1 1           5    
高部屋A 1 3 1 1 0x           6    
戦評
夏季大会1回戦。相手は、竹園シャークス。

高部屋の先発は、キョウヤ。
初回、2死3塁としたが、
落ち着いて、次打者を打ち取り無失点。
2回は、ヒット4本を固められて、
3失点と逆転を許した。
しかし、四球やエラーが絡んでいないので、
それほどのダメージはない。
3回、2死3塁からランナーが飛び出して、
挟殺プレーが始まった。
前日の県大会では、同様の状況で、試合の流れを
決める痛いミスが出たが、
今日は、落ち着いて、アウトを取った。
出来なかったことが、出来るようになることが大事。
4,5回と1点ずつ取られたが、
ここも、四球やエラーは絡んでいない。
結局、キョウヤが5回5失点完投。
安定した投球だった。

一方、高部屋の攻撃は、
初回、先頭のカンサイが四球で出塁。
この試合も、一番バッターの役割を果たす。
盗塁で、チャンスを広げ、
ハルのタイムリーで幸先よく1点先制。
2回は、セナがレフトへホームラン。
試合の雰囲気を変える一打だった。
さらに、ユウセイが四球で出塁し、盗塁でチャンスを広げる。
ここで、カンサイが右中間に逆転2ランホームラン。
一気に試合をひっくり返した。
3回は、四球でもらったチャンスに、セナの中前タイムリー。
4回は、ヒットで出塁のカンサイを3塁において、
キョウヤが、しぶとく内野安打。貴重な追加点となった。
5回裏途中、時間切れで試合終了。
結局、5回7安打6得点。効率よく得点し、2回戦に駒を進めた。

この試合は、守備でしっかり守れたことが
良かったと思う。

たくさんの応援ありがとうございました。
閲覧(175)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。