TAKABEYA BASEBALL TEAM
 
2020
9月 25
(金)
19:12
フェスティバルJ号大会決勝戦VS東高森リトルベアーズ
本文
2020年9月22日  会場:伊勢原球場
フェスティバルJ号大会 決勝戦
Team 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 R H E
高部屋 0 2 0 0 0 1         3    
東高森 0 0 0 0 0 0         0    
戦評
注目のフェスティバルJ号大会決勝戦。東高森リトルベアーズさんとの対戦です。

高部屋先攻、先発投手はセナ。
初回表、いきなり1番ユウセイが2.3塁間のヒットを打ち、初球盗塁でノーアウト2塁のチャンスを作るも3連続凡フライでスリーアウト。
少し嫌なムードが漂う中、セナの好投が光る。
裏の守備、3番に死球を与えるも他の打者を凡フライに打ち取り無失点。

2回表、高部屋の攻撃で6番タスクの四球をきっかけに初球盗塁、ハルの右方向へのゴロ(犠打)、そしてユウキの3塁ゴロが相手選手のエラーを誘い、まずは1点先取!ランナーのユウキが2盗3盗するが、これがいずれもノロノロで余裕アウトのタイミング。
しかし、微妙にボールがそれて何故かセーフ。そしてパスボールの隙にホームインというラッキーなプレイで2点目を先取した。
2回裏はライトのハルにフライが上がり、皆少し焦って見ていたが落ち着いてこれをキャッチ。3凡打でチェンジ。

3回表、ツーアウトからルイがレフト線に2ベースヒットを放つが得点には繋がらず。
3回の守備、ツーアウトから四球のランナーを出すが続く打者を1塁ゴロに抑え無失点。

4回表、再び先頭のタスクが四球を選び、盗塁とこれも再びハルの進塁犠打で1アウト3塁のチャンス。
しかし、この回は後が続かず無得点で終わる。
4回裏、高部屋の守備、ここが試合の流れを決めた回であった気がする。相手先頭打者をレフト前ヒットで出すとパスボールで進塁され、3盗も決められ続く打者に四球と盗塁でノーアウト2.3塁の大ピンチ!
しかし、次の打者をピッチャーゴロに打ち取り1塁アウト、その間に本塁突入したランナーをタッチアウト!続く打者もセンターフライに打ち取り結果無失点。最大のピンチを逃れることができました。

5回表は四球のランナー2が出るが後が繋がらず、裏からはここまで素晴らしいピッチング内容だったピッチャーセナに代わりルイ、きっちりと3人で抑え両チーム無得点。

そして迎えた時間的にも最終回の6回。追加点が喉から手が出るほど欲しい高部屋の表の攻撃は6番タスクから。ここで期待に応えたタスクはレフトオーバーのツーベースヒット!更に続くハルは四球を選びノ-アウト1.2塁。続くユウキの初球空振りの間にダブルスチール成功。
ここでショート真正面のゴロを相手選手がホームに送球、ショートのフィルダースチョイスで待望の追加点ゲット。
1塁ランナー盗塁で、まだノーアウト2.3塁のチャンスは続いたが、続くヤマトのスクイズ?は失敗。
ヤマトは2盗し、1アウト2.3塁でチャンスはまだまだ続くがユウセイのライトフライのときに2塁ランナー戻れず残念ながらチェンジ。
いよいよこれを抑えれば優勝の最終回裏、相手チームの攻撃。ここで緊張しないはずが無いシーンでルイが見事に先頭打者を空振り三振にとり、続く2番打者も初球サードフライでいよいよあと1アウト。
3点差はあるものの点が取れるシーンでなかなか取れない流れから一つのミスで逆転もあり得る緊張の瞬間。
ここで・・・なんと監督の大ファインプレー!「ユウキ!2.3歩下がれ!」その言葉の直後、下がったユウキの後ろに小フライ。
これをギリギリのところでキャッチ!監督の見えないファインプレーで試合終了。

優勝です!みんなおめでとう、よく頑張ったと思います。
ベンチの皆も声が枯れるほど声を出していました、途切れることもないくらいにずっと。
最高のファインプレーです。高部屋野球部全員で勝ち取った見事な大勝利に乾杯!
本当におめでとうございます。また応援してくださった皆々様、本当にありがとうございました。
 
閲覧(210)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。