TAKABEYA BASEBALL TEAM

さんの日記

41件のうち1 - 5件目を表示しています。

[投稿日   ] [タイトル   ] [アクセス数   ]
5月
20 (月)
カテゴリー  試合結果
2019年5月19日 会場:高部屋小学校G 練習試合 vs秦野南ヶ丘ボーイズ  B戦   Team 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 R H E 秦野南ヶ丘ボーイズB 1 0 1 2 1           5     高部屋B 3 0 6 1 3           13     戦評 秦野南ヶ丘ボーイズさんとの練習試合B戦。今回、高部屋1番から5番打者までの出塁率は皆5割以上、また5人全員が2回以上ホームを踏んでます。中でも1番ユウセイは出塁率10割の大活躍でした。良いところもあった試合ですが声は出ていないし、走塁ミスやサインミスも目立ちました。もっと気を引き締めてチームワークを大事にミスを減らしていかないと大会本番では勝ち残っていけませんよ。秦野南ヶ丘ボーイズさんありがとうこざいました。 ...
続きを読む | 閲覧(1583) 
9月
10 (火)
カテゴリー  試合結果
2019年9月8日  会場:境川遊水地公園B面 日ハム旗関東学童軟式野球 秋季神奈川県大会 1回戦 Team 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 R H E サンダース 3 2 0 3 3           11     高部屋 0 2 0 3 4           9     戦評 いよいよ日ハム旗1回戦が高部屋後攻でスタート。先発投手はユウキ、緊張のせいかコントロールが定まらず四死球3被安打3、味方エラーも絡み2回までに5点を失う。高部屋の攻撃はチャンスを作るもなかなか打線が繋がらず2回まで2点止まり。2回途中から投手がルイに交代し、交代後3回まではサンダース打線を無失点に抑える。3回裏、ここで何点か得点できれば流れが変わる大事なシーンで残念ながら得点できず。4回表からは途中ハルに投手交代したが前半の失点パターンと同様に被安打3四死球5、エラー3で4回表3点、5回表3点を失う。しかし、相手チームも4.5回で被安打4四死球5、エラー1で同じような展開となり高部屋が4回裏3点、5回裏4点を得点したがあと2点が追い付かず、ゲームセット。悔しくも1回戦敗退となりました。終わってみれば相手チームの得点11は安打6四死球9エラー4によるもの、高部屋の得点9は安打6四死球7エラー3によるもの。数字的にはほとんど差がありません。でも結果的には一度も追いつくことのできなかった点差のゲーム展開。いったい何の差が出たのか、みんなで真剣に考えないと決して強くはなれないような気がします。全員がしっかりと試合を思い出して、相手チームと自分たちのどこが違っていたのかもう一度真剣に考えてみてください...
続きを読む | 閲覧(1475) 
8月
15 (木)
カテゴリー  試合結果
2019年8月3日 会場:石田小G 新人戦決勝vs竹園シャークス少年野球チーム 決勝 Team 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 R H E 竹園シャークス少年野球チーム 0 2 0 0 0 0 1       3     高部屋少年野球部 0 0 1 1 0 0 2×       4     戦評 2019年度新人戦決勝!高部屋少年野球部は後攻で試合開始。高部屋先発はルイ。初回は両投手共に好投でお互いに三者凡退。2回の表、2つの四球と2安打で2点を先行されてしまい、その裏の高部屋攻撃は三者凡退。少し不穏な空気が立ち込める中、3回4回と1点ずつを返しなんとか同点に追いつく。(体調不良のリュウセイが3塁ランナーを何とか返そうと1塁側に打った犠打(ゴロ)には感動!)その後、投手がハルに交代。相手チームの投手も交代し、お互いに好投の中、単発のランナーは出るものの5回6回と両者無得点で時間によりサドンデスに突入することとなった。ノーアウト1.2塁からのスタートで表のシャークスさんは1点先取。いよいよ1点を追うサドンデス裏高部屋の攻撃。ここでなんと相手投手が炎天下の中の疲れかはたまた緊張のせいか、連続のワイルドピッチ!あっけない試合の終わり方でしたがこれも野球。ちょっとした流れの違いでなんとか優勝を勝ち取ることができました。優勝おめでとう高部屋少年野球部!炎天下の中、みんなよく頑張りました。最後まで心が折れることなく頑張った選手たちに心からの拍手をおくります。本当におめでとう! ...
続きを読む | 閲覧(1440) 
11月
1 (金)
カテゴリー  試合結果
2019年10月27日  会場:石田小G 練習試合B戦vs東高森リトルベアーズ   Team 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 R H E 高部屋B 1 0 0 0 1 5 2       9     東高森B 0 0 0 0 0 0 1       1     戦評 この試合は投手陣の好投が際立った試合となりました。先発のハルが6奪三振。続くルイが5奪三振。更に3番手投手のセナも2奪三振。7回21アウト中なんと13奪三振の好記録が生まれました。投手陣のみんな、よく頑張りましたね。そして打撃では、午前中の試合で負けたにもかかわらず選手の何人かがふざけあったりしている中、一人だけ一生懸命に次の試合を見ていたショウマ。やっぱりやりましたね。6回に試合を決める満塁ホームラン!野球に対する気持ちを見せつけてくれる一発でした。そしてこの試合9得点の半分以上はショウマの打点でした。その情熱がこれからも続いてくれること、またその姿がみんなの見本になってくれることを心から望みます。攻守共に高部屋の良いところがよく見えた試合だったと思います。東高森リトルベアーズの皆様、練習試合ありがとうございました。 ...
続きを読む | 閲覧(1306) 
9月
25 (金)
カテゴリー  試合結果
2020年9月22日  会場:伊勢原球場 フェスティバルJ号大会 決勝戦 Team 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 R H E 高部屋 0 2 0 0 0 1         3     東高森 0 0 0 0 0 0         0     戦評 注目のフェスティバルJ号大会決勝戦。東高森リトルベアーズさんとの対戦です。 高部屋先攻、先発投手はセナ。 初回表、いきなり1番ユウセイが2.3塁間のヒットを打ち、初球盗塁でノーアウト2塁のチャンスを作るも3連続凡フライでスリーアウト。 少し嫌なムードが漂う中、セナの好投が光る。 裏の守備、3番に死球を与えるも他の打者を凡フライに打ち取り無失点。 2回表、高部屋の攻撃で6番タスクの四球をきっかけに初球盗塁、ハルの右方向へのゴロ(犠打)、そしてユウキの3塁ゴロが相手選手のエラーを誘い、まずは1点先取!ランナーのユウキが2盗3盗するが、これがいずれもノロノロで余裕アウトのタイミング。 しかし、微妙にボールがそれて何故かセーフ。そしてパスボールの隙にホームインというラッキーなプレイで2点目を先取した。 2回裏はライトのハルにフライが上がり、皆少し焦って見ていたが落ち着いてこれをキャッチ。3凡打でチェンジ。 3回表、ツーアウトからルイがレフト線に2ベースヒットを放つが得点には繋がらず。 3回の守備、ツーアウトから四球のランナーを出すが続く打者を1塁ゴロに抑え無失点。 4回表、再び先頭のタスクが四球を選び、盗塁とこれも再びハルの進塁犠打で1アウト...
続きを読む | 閲覧(1293) 
41件のうち1 - 5件目を表示しています。